ものの見方はみんなちがう ピカソの視点

『あなたはなぜ、
ありのままに描かないのですか?』

ピカソがある見知らぬ男に聞かれた時の話

『あなたのおっしゃることが
よくわかりませんが、、、』

ピカソはけげんそうな顔でこたえた

その男は自分の奥さんの写真を取り出して
『ほら、こんな風ですよ。
これが家内のありのままです』

ピカソは疑い深そうに
『奥さんはずいぶん小さい、
しかも平で、、、   』

とこたえたとさ

この話の
真偽はわかりませんが
これは私たちの日常でも
あり得る話です

NLP
という心理学には
『地図は領土ではない』
という前提があります。

o0556068513352045986

この場合
その男の妻の写真も
ピカソの描いた絵も

例えるなら地図で、
その領土(ほんとうの実物)
ではないということです。

わたしたちは、
興味のある出来事にだけ注意を向け、
その他の情報を削除します。 

一人一人、
興味の対象も違うので
情報の削除の仕方もちがうのです

『一人ひとりちがう視点を持っている』
『人は自分と違う』

このことを常に頭の片隅において
人と接することが、
円滑なコミュニケーションの第一歩

それにしても・・・

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

投稿者プロフィール

インディー中西
インディー中西
あなたの価値観に沿った生き方をサポート! 五感と言葉のチカラで未来をデザイン。
外資系商社、外資系金融機関を経て39歳でライフデザイン・コーチとして起業。これまでの20年間で、10,000人のライフデザインをサポート。 ライフデザイン(人生設計)とNLP(心理学)をインテグレート(統合)したジブンメソッドを伝えている。
Tags:

NLPプラクティショナー資格認定講座 説明会

わたしたちは出来事に反応し、感情を起こし、感情が行動を生み、行動が未来を創り出しています。 情報の入り口である『五感の感じ方』を変えることで『未来』を変える事ができます。この講座では、NLPの構造を知ることで「なぜNLPが有効に働くのか?」その仕組を理解します。 NLPプラクティショナー講座の全貌を知ることが出来ます
0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2019 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?