ものの見方はみんなちがう ピカソの視点

『あなたはなぜ、
ありのままに描かないのですか?』

ピカソがある見知らぬ男に聞かれた時の話

『あなたのおっしゃることが
よくわかりませんが、、、』

ピカソはけげんそうな顔でこたえた

その男は自分の奥さんの写真を取り出して
『ほら、こんな風ですよ。
これが家内のありのままです』

ピカソは疑い深そうに
『奥さんはずいぶん小さい、
しかも平で、、、   』

とこたえたとさ

この話の
真偽はわかりませんが
これは私たちの日常でも
あり得る話です

NLP
という心理学には
『地図は領土ではない』
という前提があります。

o0556068513352045986

この場合
その男の妻の写真も
ピカソの描いた絵も

例えるなら地図で、
その領土(ほんとうの実物)
ではないということです。

わたしたちは、
興味のある出来事にだけ注意を向け、
その他の情報を削除します。 

一人一人、
興味の対象も違うので
情報の削除の仕方もちがうのです

『一人ひとりちがう視点を持っている』
『人は自分と違う』

このことを常に頭の片隅において
人と接することが、
円滑なコミュニケーションの第一歩

それにしても・・・

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2018 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?