未来の自分からメッセージを受け取る方法

わたしがお伝えしている

NLPでは・・・
タイムラインという
時間を自由に行き来するスキルがあります。

このスキルは
自分の想像力を加えることで
いかようにもアレンジできます。

ココでは【タイムライン】を活用した
魅力的な方法を
著名な経営コンサルタント

神田昌典さんの

『非常識な成功法則』という本から

「未来へ旅する」方法をご紹介します。

**********************

自分の目標について考えながら
ベッドに横たわって、目を閉じます

自分の目標はいつ実現したいか?

半年後? 

一年後? 

それとも二年後?

それとも・・・

目を閉じながら、
暗い廊下に立っているところを想像します。

そして、あなたは奥に向かって歩いて行きます。

すると、エレベーターホールになっています。

エレベータに乗ると【将来】と【未来】のボタンが見えす。

あなたは【将来】というボタンを押すと、

ス~と扉が閉じて、

エレベーターは音もなく動き出します

しばらくすると、エレベータは止まり、

ドアが開くと、そこはあなたの目標実現を祝う盛大なパーティー会場

まわりを見渡してみると、、、

誰が居るだろう?

そしてどんな称賛のことばをかけてくれるのか?

そして 成功という達成感をしっかり感じていると、

人垣をかき分けて一人の人物が近づいて来ます。

よく見ると数年後の自分です。

満面の笑みを浮かべあなたに話しかけてきます。

『やあ、よく来てくれたね。キミが来るのをずっと待っていたんだ』

数年後の自分は話を続ける。。。

    〜中略〜

「そうか、そうだったんだ。こうして目標を達成したんだ。」

あなたは数年後の自分に丁寧にお礼を告げ、

エレベータに戻り、

【現在】というボタンを押します、。

エレベーターの扉が閉じて、元いた場所に戻ってきます

**********************

「非常識な成功法則」神田昌典著 より引用

脳は想像か現実か区別がつきません。

そして、空想でも一度体験してしまうと、実際の体験として未来の夢を引き寄せはじめます。頭のなかにイメージがないものは実現のため行動に移しようがありません。しかし、あなたはすでに未来のイメージを手に入れたのです。

そこには

待ってられない未来があります。

わたしたちは無限の可能性を持っているます、。

イマジネーション(想像力)

を活用しょう!

わたしがお伝えしている【インディNLP】では、来年から超時間管理術として、『タイムライン』を活用したワークを増やしていきます。 乞うご期待!!!

そして、今回のお話で最もたいせつなこと

それは・・・
(次回へ続く)

 

0

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です