人生で最も大切なこと

 ある大学の講義で、

 教授は、おもむろに

 大きなガラスの花瓶を卓上に取り出した。

 

 

 そして、無言でその花瓶に

 ゴルフボールを入れていった。

 

 

 すぐに花瓶は

 ゴルフボールでいっぱいになった。 

 

 

教授は学生に尋ねた・・・

  『この花瓶はいっぱいかね?』

 

学生・・・

  『いっぱいです!』 

 

すると・・・

教授はおだやかな笑みを浮かべ

今度は、小石の入った袋を取り出した。

 

そして、小石を花瓶に入れ始めた。

小石はゴルフボールの間にすべりこんでいき・・・

直に花瓶は、ゴルフボールと小石でいっぱいになった。

 

教授は、また学生に聞いた・・・

  『この花瓶はいっぱいかね?』

 

今度は、学生が笑みを浮かべて答えた・・・

  『いいえ。。。』

 

それから、

教授は、 砂袋を取り出し

花瓶を揺らしながら砂を入れていった・・・

砂は、ゴルフボールと砂利の間を流れ込んでいき

すぐに いっぱいになった。

 

そしてさらに、その上から水を入れていっぱいにした。

 

『この花瓶は、君たちの人生だ!』

『最初に砂や水でいっぱいにしてしまうと、

小石やゴルフボールを入れる場所はなくなる。』

ゴルフボールは君たちの人生でもっとも大切なものだ。』

『家族、愛する人、使命や

人生でやり遂げたいことなどかもしれない・・・』

『砂や水は、人生にとっては

ほとんど影響のない たわいもないことだ。』

『多くの人は、この砂や水で

人生をいっぱいにしてしまう。。。』

 

『最初にゴルフボールを入れるんだ!』

 

さもないと、・・・

人生でもっとも

大切なものを失うことになる!!

 

名著≪七つの習慣≫で、

コヴィー博士は、時間を四つの領域に分類した。

 

勝間和代さんは、

その領域を 消費・投資・浪費・空費 に例えた・・・

 

第一領域: 緊急かつ重要なこと       → 消費

第二領域: 緊急ではないけど重要なこと   → 投資

第三領域: 緊急かつ重要ではないこと     浪費

第四領域: 緊急でも重要でもないこと   → 空費

 

人生の中で
最も大切な時間
それは・・・第二領域

 

緊急ではないけど重要なこと

 

これは、まさに自分の人生への投資・・・

レバレッジシリーズで有名になった

本田直之さん、・・・

 

いろいろある時間管理術の中でも
本田直之さんの
スケジューリング法にしびれました。

 

スケジューリングするときに、

読書などの第二領域に
あたることをまず予定に入れて、

残りの時間を使って
仕事をこなしていると言う・・・

 

私も

平日の午前中は予定がない限り、

読書など第二領域に当てている。

 

緊急で重要な
仕事を優先すると、

それだけに追われてしまい

第二領域のための時間が取れないためだ。

 

先に第二領域を確保して

そして残った時間の中で効率よく仕事をこなす!

 

皆さんも 是非 お試しあれ!

文中の寓話は・・・

野口嘉則さん

ポットキャストからヒントをいただきました・・・ 感謝!

 

< 参考図書 >

七つの習慣:スティーブンRコヴィー著

レバレッジ時間術:本田直之著

年収10倍アップ時間投資術:勝間和代著

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?