ピータードラッカーからの伝言 

ピータードラッカー 曰く・・・
 
成長には準備が必要である。
いつ機会が
訪れるかは予測できない

準備しておかなければならない
準備ができていなければ、
機会は去り、 他所へ行く



チャンスはいつ来るかわからない

NLPの前提に
『問題、制限とはチャンスである』

がある・・・

前進する過程の中では
乗り越えなくてはならないこともあるかもしれない

そして、問題や制限を乗り越えたところに
成長した自分がいる

成長には準備がいる

四の五の言う前にやるしかない

そして、
どうせやるなら
やりたいことを!!


ピーター・ドラッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Peter Drucker
ピーター・ドラッカー
生誕1909年11月19日
 オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
死没2005年11月11日(95歳没)
 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 クレアモント
研究分野経営学社会学
出身校フランクフルト大学
影響を
受けた人物
ヨーゼフ・シュンペーター
主な受賞歴大統領自由勲章(2002年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリアウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。

他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあった[2]が、自分では「社会生態学者」を名乗った。父・アドルフ・ドルッカーウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母であるマルガレーテ・ボンディの夫)がいる。ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった[3]

 

2+

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です