プレゼントという不可思議な銀行?

それは、奇妙な銀行です。
この銀行にお金を預けても、
利子も付きませんし、
お金を借りる事も出来ません。

もう、15年以上前になりますか
?
こんな思わせぶりな切り出しで始まる
メールが送られてきました。

その頃、チェーンメール
なるものが流行りまして、
迷惑な話ではあったんですが、
その中には、優れた作品?もありました。

このお話はその中の一つ
で、
今も私の心に響いています。
(少し今風にアレンジしていますので、あしからず。。。)

しかし、その銀行は、
毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、86,400ドルの中で、
あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか。

もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。

私たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは”時間”です。

毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった”時間”は消されてしまいます。
それは、翌日に繰り越されません。

それは、貸し越しできません。
毎日、あなたの為に新しい”口座”が開かれます。

そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の”預金”を全て使い切らなければ、
あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。
あなたは今日与えられた”預金”のなかから”今”を生きないといけません。

だから、与えられた”時間”に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。
時計の針は走り続けてます。
今日という日に、最大限の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、
落第した学生に聞いてみるといいでしょう。 


1ヶ月の価値を理解するには、
失業したサラリーマンに聞いてみるといいでしょう。 


1週間の価値を理解するには、
週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。 


1時間の価値を理解するには、
待ち合わせをしている
恋人たちに聞いてみるといいでしょう。 


1分の価値を理解するには、
電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。 


1秒の価値を理解するには、
たった今、事故を避けることができた
人に聞いてみるといいでしょう。 


10分の1秒の価値を理解するには、
オリンピックで銀メダルに
終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。 

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその”時”を誰か特別な人と過ごしているのだから、
十分に大切にしましょう。
その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えておきましょう。

“昨日”は、もう過ぎ去ってしまいました。 
“明日”は、まだわからないのです。 
“今日”は与えられたものです。 

だから、英語では
“今”をプレゼント(=present)と言います。 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2018 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?