飽き性の私がNLPを学び続けている理由

飽き性の私がNLPを学び続けている理由

Facebookの思い出で4年前に2回目の受講をした
【NLPトレーナーズトレーニング】
の写真が出てきました



あの時クリスティナホール博士から
ご自身の著書に二度目のサインを頂き、
ゴキゲンな私がいます。

Oh Yea〜h♬

NLPを学んだのは、
最初は自分の仕事で活かすため

2001年くらいから
まずは入門的なコースで学び

それから
基礎(プラクティショナー)コースと
応用(マスタープラクティショナー)コースを
各コースを何度か再受講し
仕事でも活かすことができたので
そろそろNLPの学びは
終わりにしようと思ってたんです

そんな時タイミング良く、
アンソニー・ロビンズの噂を耳にし
彼の本を読むと、
NLPが別の切り口で入ってきて
これはスゴイ!と・・・

当時ゴールドコーストで
開催さたセミナーへ参加



そこで彼が実際に
NLPを
鮮やかに使っているさまを見たんです

それはもうめちゃくちゃ刺激的でした! 

日本に帰って、
アンソニーが使っていたNLPを更に深めるぞ!って・・・
(結局、アンソニーのセミナーへは4回参加)

ちょうどそんな時に、
グッドタイミングでクリスティーナホール博士の書籍
『言葉を変えると、人生が変わる』
が出版されたのです。

それまでに読んだNLPのどの本より刺激的でした。

ほしかった情報がそこにあったのです。

一気に読み終えたのを覚えています。

2008年だったと思います。

今思えば・・・
あの頃なんとなく、NLPを使う側から
伝える側に変わる準備が始まったのかもしれないと。。。 

点と点はつながる!

そして・・・
彼女の本へのサインは現在6箇所に・・


そして・・・
NLPは奥が深くて
まだまだ
好奇心が尽きません。。。

さらに学びを深めていく予感

そして・・・

それを求めている人が居る限りは
伝える側の人間として
最善でのぞみたいと。。。。

 

4+

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です