ピンチの時に思い出すこと・・・ 長島はヒーローだった! 長島茂雄の豪快な三振シーン(思い出)からの学び

人は誰しも


生きていると


ピンチに遭遇する

私も・・・

 

 

そんな時
思い出す
ある一枚の写真がある

t02090241_0209024113332494033

 

 

 

 

 

 

 

長嶋茂雄


三振がこんなに


カッコイイ男を他に知らない

ピンチの時


いつも


脳裏に響いてくる声

 

それは・・・

長島からのメッセージ
(もちろんイメージの世界でのはなし)

『とにかく バッターボックスに立て!』 


『三振したっていいじゃないか』 


『フライを打ち上げアウトになってもいい』


『ここにいても何も始まらない。
 まずは、バッターボックスに立つんだ!』

 


今でも 目を閉じると

心のなかの長島は

あつく 語ってくる

『真っ向勝負!』



長島のかっこよさはそれは・・・


フルスイング

 

t02200216_0500049113332491546

 

 

 

 

 

 

 

帽子を飛ばすくらい

倒れそうになるくらい

おもいっきりの

フルスイング

 
そして、
三振した時は
全身で
悔しさをあらわす


どんな時にも
失敗を恐れず
真っ向勝負!


長島はヒーロー だった

 


私にとってだけじゃない


長嶋は 日本のヒーロー 

 

 

ヒーローの条件

それは、

どんな時にも

ひるまないこと

 

 

あなたにとって

人生の

バッターボックスとは・・・

何だろうか?

 

<2017年 10月3日 加筆・修正>

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2018 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?