ガンジーから学ぶ視点の使い方 相手の立場で考えろ!よく言われることですが、なかなかできるものではありません ガンジーの三つの視点(ポジション・チェンジ)

「非暴力、不服従」を旗印に、

イギリス植民地統治下
のインドを独立に導いた

マハトマ・ガンジー

 

彼のチカラの源は、
どこにあったのでしょうか?

 

本当の友情とは、

お互いがどんなに違っていても、

そのあるがままの違いをしっかりと

受け止めることなのだ 

 

 

これは
ガンジーの残した名言です

 

ガンジーのチカラの源は
ちがいを認めること
にあったのだと思います。

 

支配をするイギリスの目

独立に向かうインドの目

それをうかがう世界の目

 

ガンジーは、
相手とのちがいを

 

ジブン(インド)の目だけではなく

 

イギリスの目

 

世界の目

 

三つの目

 

見ていました。

 

c0190312_15372462

 

ジブンの立場だけではなく
相手の立場でも見てみる

そして、
客観的に第三者の目に
どのように見えているかにも
注目していたのです。

 

混乱している時ほど
落ち着いて
今ある状況を
しっかりと観察する

ガンジーのような
そんな心の余裕を
持っていたいものです。

ひとりとして
同じひとはいない

 

ジブンがジブンであること

あなたがあなたであることに

価値がある

 

<2017年 9月28日 加筆・修正>

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2018 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?