『すでに起こった未来』 温故知新 ドラッカーからの学び

『すでに起こった未来』

  PFドラッカー@1994年


彼が40年以上にわたり書いた論文の抜粋、
日本について論述しているところが特に興味深い!



2005年、95歳で旅立たれるまで
この本の中では最新の論文が1992年83歳の時のもの

今となっては過去だが
預言者のように時代を先読みし、
この本の中でも彼の感性の鋭さに驚愕!



ドラッカー曰く、
日本人の特性は

知覚の能力
西洋ともちがう中国など東洋ともちがうもの。 

来たるべき新しい時代
わたしたちがこの特性を活かしていこう!

私がお伝えしている
NLP(神経言語プログラミング)
五感(知覚)の心理学

NLPはアメリカ生まれの脳科学的心理学だが、
わたしたち、日本に住むものが持っている
知覚の力でさらに深めて行こうと思う

それこそがわたしたちの特性なのだから・・・

 

3+

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です