潜在意識を味方につける その3 真っ直ぐの法則

潜在意識シリーズ、その3

【真っ直ぐの法則】潜在意識は否定がわからない

をおおくりします。

潜在意識くんは、否定がわかりません!

というよりも・・・
正確に言うと純粋なので
プラスもマイナスも区別がつきません
なので、どちらも同じように扱います。

たとえば、
子供がうるさくしているとき

『さわがないで!』
というと
子供は『さわぐ』方に注意が向きます。

『静かに遊ぼうね!』
というと
『静かにする』方に注意が向くわけです。

お子さんがいらっしゃる方は
もうすでにわかってらっしゃる方も多いかもしれません。

『ちらかさないで!』
というより
『きれいに遊びましょう!』

上司と部下なら
『遅刻するな!』というより
『きっと間に合うよ!』のほうが好ましいのです。

マザーテレサはこのことをよく知っていて
『反戦集会には行かないけど、平和集会には参加するわ』

って話していたと言われています。

反戦からは平和ではなく
争いが生まれることを知ってたんですね。
凄いですよね。

日本では古来より『言霊』といいます。
言葉には魂が宿っています。

どうせならプラスの言葉を使いましょう。

 

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。