仕事の価値とは、あなたにしかできないことをやり続けること

映画「スター・ウォーズ」エピソード9が公開中。

第一作の公開は42年前でした

このシリーズを長い間わたり全作品に出演した唯一の俳優がいる。

アンソニー・ダニエルズさん

 

 

 

 

 

 

C―3POというロボットを演じ続けた
金色の衣装を全身に着けていたので彼の顔を知る人はいない

この映画の撮影は基本、ロボットという着包みの中
高温にのぼせたり、擦り傷や打ち身が絶えず、ずっと耐え続けたという

本来は着ぐるみを着た自分ではなく、
本格派俳優を目指していたダニエルさんにとって、
C−3POの仕事は、実は長年好きになれない脇役だったという。

その気持ちが数年前に変わったと言います

映画のイベントで世界各国を回った時に、観客の熱烈な大声援に迎えられ、「多くの人たちが愛してくれているんだと実感、本当に魔法のような瞬間だった、映画のシリーズにはなくてなならない存在だった」と感じと言います。

人知れぬ苦労もそれを分かってくれる人がいれば大きな力が湧く!

いい話ですね〜

映画では全員が主役を演じられるわけではないですが、
その役柄それぞれに価値がある!

 

0

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です