サラリーマンサバイバル 私はコレでサラリーマンを辞めました!

私はコレでサラリーマンを辞めました!

【サラリーマン・サバイバル】

大前研一さん
1999年1月に出された名著

1999年度上半期ベストセラー第一位の帯が懐かし~い!

そして別刷の帯がまた興味深い

会社や学校で覚えた常識では生きていけない


当時わたしは39歳、
まだ外資系商社のサラリーマンでした。


この本を読んで、
うすうす感じていた
これから起こる
日本や世界の変化を確信!

そして私のキャラ・・・

絶対に組織に向かない(爆)

ことも考え、
1999年の3月に
勤務していた外資系企業が日本を撤退!
解雇になり、
転職(いくつかの話はあった)ではなく
本当にサラリーマンを辞めたのでした

そして、それからしばらくの間は
好きな映画を観ることもなく
サラリーマン・サバイバルならぬ
フリーランス・サバイバル
フリーランスとして
生き残りをかけて

がむしゃらに頑張った
↑ 
何故か強調!(笑)

いま、振り返って考えると
あの選択・・・
良かったと
しみじみ感じるのです

なんだかんだいいながら
20年もの間、
フリーランスとして
生計を成り立たせることができ

変化の時代を生きる
勘所が手に入ったから


そして・・・
今またコロナ騒動で
潮流の大きな変化を感じています

あの時(金融危機など)とは本質的にちがう、
時代の流れが大きく変わる予兆を感じています。

変化という本質を21年前の本から
もう一度読み取ろうというのが今回の目的。。。

さて、、、さて。。。

そして、それから数年後
ドラッカーの著作
ネクスト・ソサエティ


いま、また

歴史が見たことのない
未来がはじまる


まさしく。。。


この本については
またあらためて・・・

 

2+

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です