ショーシャンクの空に (午前10時の映画祭)

かけがいのない友情と
諦めない気持ちと勇気を描いた映画

真の友情を描くためには
刑務所という過酷な場所が必要だったのか?

逆境にある時
あなたならどう対処するだろう?

ティム・ロビンズとモーガン・フリーマン

やっぱりいい役者だね〜

この映画を語る上で
一番わかり易いのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主演のティム・ロビンスがこの映画について語っている・・・

「たぶん、みんながこういう物語を欲していたのかもしれない。これは希望についての映画であり、人生におけるあらゆる挑戦や障害を乗り越え、より良い人間になろうとする人の映画だ。忍耐力と信念があり、寛大に生きていれば、そうした障害を乗り越えることができる。そして、いつの日か、シワタホネビーチ(エンディングでアンディがレッドと再会する場所)に居場所を見つけることができるんだ」。

途中の辛いシーンが
ハッピーエンドをさらに爽やかに感じさせてくれる

まだ観たことない人は

ぜひ一度は・・・

超おすすめの作品です。

 

0

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です