アラビアのロレンス 完全版227分 素晴らしかった〜

劇場で観たかった映画No1だった

アラビアのロレンス 完全版

を観てきました。

 

 

いや〜

素晴らしかったです。

 

1962年の作品なので
わたしは当時3歳、この映画のことなんてまったく知らなかったけど、ものごころついてから、時々TVの洋画劇場で二回に分けて放映されてたのですが、全編通して観たくて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の午前10時の映画祭で、やっと夢が叶いました。

ロレンスは、第一次世界大戦中、イギリス軍の将校として中東戦線で活躍した実在の人物。その時アラビア半島は、イギリスの敵国オスマン・トルコの領土。イギリス軍部は、対トルコ戦を有利にはこぶため、アラブ民族のトルコからの独立を支援する名目でアラブ遊牧民=ベドウィンを味方につけようとします。そのベドウィンとの仲介役として白羽の矢を立てられたのが、考古学研究者でアラビア語が堪能なロレンスでした。

変人で通っていたロレンス、アラビアではたちまちのうちに統率力とカリスマ性を発揮して、ベドウィンたちの絶大な信頼を得ヒーローになっていく。
そして、ヒーローになったがばっかりに・・・

 

 

 

 

 

 

 

ロレンス役のピーター・オトゥールが、ほんとにカッコイイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラクダや馬が何百頭も駆け回る砂漠のシーンや冒頭の砂漠の夜明けなどなど、やっぱい映画館でないと。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約4時間の映画

途中、インターミッション(休憩が5分)あった・・・

先日鑑賞した、サウンドオフミュージックもインターミッションが、、、

今回もほぼ満席
古い映画は、お年寄りが多いので、途中休憩はありがたいです。

 

機会があれば、また劇場で観たい映画です。

 

 

0

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

インディー中西の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です