ぼくが妖怪になりたかった理由は二つ。 一つは学校も仕事もないこと、そしてもう一つは

ゲッ ゲッ ゲゲゲのゲ~

あさ~は 寝床で グーグーグー

たのしいな たのしいなぁ~

 

あれは、たしか

小学校2年だった

 

 

 

ゲ ゲ ゲゲゲのゲ~ ♬

 

 

ぼくはまだ
その歌の存在を知らなかった

 

だが、・・・

 

歌ったヤツがいたのだ

 

彼は東京からの転校生

 

当時の風潮として

よそものは
いじめに合うか
ヒーロになるか

 

どちらかだ

 

o0350026313381718537

ゲッ ゲッ ゲゲゲのゲ~

 

転校生は
みんなの前で
この歌を堂々と歌ったのだ

 

彼はいじめられるどころか
この一瞬で
クラスのヒーローになった

 

そんなことより
僕が気になったのは

 

その歌詞の内容

 

お化けにゃ~ 

学校も~ 

試験もなんにもない!

 

一度聞くなり
もうその歌詞の
トリコになったのだった

 

ゲッ ゲッ ゲゲゲのゲ~


昼は のんびり お散歩だ


たのしいな~ たのしいな~


おばけにゃ


会社も仕事もなんにもない!

 

IMG_9319

えーーーーーー

なに? それ〜〜〜

 

こりゃ サイコー!!!

 

僕は学校に
行きたくなかった

 

と言うより・・・

池や川で森で遊びたかった

学校の外には
小川や森や湖など

まさしく
楽園

 学校に行きたくな〜い

毎日
駄々こねていたのだ

 

束縛されるのが大嫌い!

 

そんな僕にとって

学校も試験も
何にもないって

ヤッホーーー

こりゃ 天国 だー!

 

それまで・・・
プロレスラーになりたかった
僕の夢は


妖怪になることに変わった


どういうわけか
それから

その転校生は
また何処かへ
転校していった

 

そして・・・

 

我が故郷でも
ゲゲゲの鬼太郎の
TVアニメの番組が開始され

 

ゲッ ゲッ ゲゲゲのゲ~

 

そして、僕は

ゲゲゲの鬼太郎に

夢中になっていった

 

妖怪の世界は
学校も試験もない
会社も仕事もない世界

 

毎日好きなように
過ごすせる


理想郷

 

でも実は
遊んでるだけではないのだ
ココぞという時には

 

ミッション

 

悪い妖怪たちから

人間を守っている

 

カッコイイ~

 

IMG_9475 (1)

今でも

時々思い出すことがある
あの転校生は

 

何者だったのか?

 

 

ミッションに生きろ!

 


きっと・・・
神さまのお告げ

 

 

私に

 

理想の生き方

 

教えるため・・・

 

 

今更ながら

ありがとう~♬

IMG_9379

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?