突然、目の前に子供があらわれて、『こんな未来は嫌だ〜!』って叫びます。 よく見るとその子供は8歳のあなた・・・

今、突然・・・
8歳の自分が目の前に
あらわれたらどうしますか?

 

そして、
彼は目を細め


怪訝そうに
あなたをみつめて


力なく・・・ 

 

こう言います。

 

『あなたが、将来の私なの?
パイロットでもないし、
犬も飼っていない・・・
こんな未来は嫌だよォ~!

 

 

これは映画でのお話しですが・・・

 

映画 <キッド> 

2000年に公開された
ブルース・ウィリス主演の
なかなか楽しい(意味深な)作品です。

 

1456779_1438660423014544_381316969_n

 

まだ観ていない方・・・
この映画は色々な意味で
おすすめです!

 

 

私がお伝えしている

NLP(神経言語プログラミング)

という心理学の手法の一つに

 

【タイムライン】があります。

 

 

この手法は・・・

現状に行き詰まっているとき

過去のうまくいった体験を活かしたいとき

望む未来を創り出したいとき

 

などに使える便利なツール(技術)です。

 

この映画・・・・
実は巧みにこの手法を
活用しているんですね!

 

作品には3人の自分が登場します。

 

  • 8歳の頃の自分
  • 今の40歳を目前にした現在の自分
  • 遠い将来の自分

 

今の自分を中心に
物語りは進行します。

 

人生の成功者だと信じて疑わない男が、
少年の日の自分と向かい合うことで、

 

忘れていた


本当の自分

 

取り戻していく・・・

 

幼いころ

素直で

思いやりのあった

優しい自分が

現在の自分に

 

気づきをくれるんです。

 

そして、感動的なラストシーンでは・・・
遠い未来の自分
(子供の頃の夢を実現している)が現れて

現在の自分に手を振ってくれるんです。

 

実はココが
この作品の味噌なのですが・・・

詳しく知りたい人は
是非一度この作品を観てくださいネ!

 

ハートウォーミングなエンディング・・・
見ている人に深くしみわたるメッセージがあります。

 

タイムラインとは、
簡単に言えば、・・・

 

心のタイムマシーン

 

わたしたちはイメージの世界では
過去へも未来へも
自由自在に往き来できます。
(五感を使ってイメージを豊かに!)

 

この作品の主人公のように・・・
現状に行き詰まって、どうしようもないとき、
うまくいっていた過去にさかのぼって
うまくいっていたリソース(要素)を受け取って
現在の自分に活用する。

 

望む未来を創り出したいとき
うまくいっている未来へ行って
希望通りうまくいっている自分のイメージを
しっかり受け取って帰ってきて
現在の自分に活用する。

 

この作品は、

【過去の自分】【未来のイメージ】

この二つをうまく活用している・・・

 

うまくいっている人は・・・
(NLPって、うまくいっている人の心を分析した学問です)

 

みんな豊かなイメージ力を持っています!

 

もちろん あなたもです! (^_-)-☆

 

イメージ力って大切!!!

 

皆さんも未来のイメージを
大きくふくらませてくださいネ!

 

そして もっと大切なのは
そのイメージを
<ワクワク楽しむ>ことです。

 

子供の頃、遠足の前の日なんかに
ワクワクしてなかなか眠れなかった経験は
誰しもあると思うんですが・・・

 

そうそう・・・
スキマスイッチのヒット曲、
『全力少年』ってありますが・・・
少年の頃、ワクワクしたことには

 

この曲名のように 

 

全力! で楽しんでいた気がします。

 

 

あの少年の時の<ワクワク>していた気持ちを

 

もう一度、素直に大切にすると・・・

 

きっと、新しい何かが待っています!

さあ あなたもタイムライン
(イメージ力)を活用して

 

 

望む未来へ・・・

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?