こころはこだま やさしく話しかければやさしく答えてくれる 金子みすゞのことば

ACのCMに登場した

『 こだまでしょうか』

という詩は、

1903年山口生まれの
女性童謡詩人、
金子みすず(金子みすゞ)の作品

 

相手は

自分の鏡

 

そして、
自分の心は、

自分の鏡

 

やさしく話しかければ、
やさしく答えてくれる

 

これって
みんなが知ってるけど
なかなかできないこと?

 

金子みすゞ

金子みすゞさん
26歳で短い生涯を終えたという。

なんとも・・・

 

 

生きるには
やさしすぎたんやろか?

 

 

みすゞさんの詩

 

こだまでしょうか

だれでも
がやさしくなれる
 

『遊ぼう』っていうと
『遊ぼう』っていう。

 

『ばか』っていうと
『ばか』っていう。

 

『もう遊ばない』っていうと
『遊ばない』っていう。

 

そうして、あとでさみしくなって、
『ごめんね』っていうと
『ごめんね』っていう。

 

こだまでしょうか、
いいえ、

だれでも

 

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?