誰もが落ちいるかもしれないこころの暗黒面(ダークサイド)あなたがもし落ちいりそうになったら

昨年は
映画スターウォーズ 
エピソード7が12月に公開されたので
過去(それ以前)の
作品に関心をもった方も増えたのではないかと思います。

スターウォーズのシリーズの中で
最もショッキングなシーン・・・

 

それは、
ジェダイの騎士
(正義の味方)だった
アナキン・スカイウォーカー
フォースの暗黒面に支配されるシーン

映画館で
人目もはばからず

『 アナキ〜ン~・・・ 
  どうしてなんだー !』   

思わず叫びそうになったのを覚えています。

彼は、愛する者を守りたいという
純粋な願望と若さ故の激情から
ジェダイの掟を重ね重ね破ってしまう・・・

最終的には
妻のパドメ・アミダラを
予知夢で見た死の運命から救う為に
パルパティーン(ダース・シディアス)
後の銀河帝国皇帝の甘言に屈して
ジェダイの騎士メイス・ウィンドゥの殺害を助力してしまい
もはや引き返す道を絶たれた状態で
シスに転向して

「ダース・ベイダー」

という名前を与えられるのだ。
o0800071213384476421

人間って

性善説? 

はたまた

性悪説? 

 

こころって、
誰しも
自分でもわからなくなる時が
あるのではないだろうか?

まさしく
スターウォーズのあのシーン

ちょっとした
すれ違いが重なり

何かの誤解が
また誤解を呼び・・・

本来は 純粋だった 愛 が

なにかのはずみで
ダークサイド(暗黒面)の深みにはまっていく

 

o0800045013384467515
この映画のように

暗黒面(ダークサイド)は
いつでも扉を開けて
私たちを待ちうけているのかもしれない


誰かを恨んだり 妬んだり

それら
マイナスの感情

暗黒面(ダークサイド)への入り口

 

クッソーーーーー
ダークサイドなんか消えてなくなれ! 

うーーー
また そのネガティブな思いが
また 暗黒面を引き寄せるのだ

o0800060013384467514

ヨーダ・・・・
あなたは 言いましたよね。

『 この世は 

 フォースで満ち溢れている 』 

フォースの力で
お導きを。。。

たとえ
暗黒面が忍び寄って
軸がブレても 

しなって 
もとにもどる 
柔軟性をあわせもちたい!!!!

 

ダークサイドを否定せず
暗黒面も
ファース(こころ)の
一部として受け入れた時
あなたは
ダークサイドへと落ちいる
呪縛から

解き放たれる

みなさんにも

フォース
ともにあらんことを

 

インディー中西ニュースレター

ご登録いただけますと、インディー中西の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017 株式会社プロジェクトタオ All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?